タグ「筋肉細胞」が付けられているもの

子宮筋腫ができる原因について

子宮筋腫は、自覚症状がないことが多く、婦人科検診など偶然見つかるといったことが多々あります。

子宮に筋腫ができる原因は、今現在もはっきりしていないのが現状ですが、原因を考える上では、子宮内の筋肉ができる前、そして、できあがっていく過程を考慮する必要はあります。

genin.jpg

子宮内の筋肉というのは、赤ちゃんが母親の胎内の中にいるときに作られていくのですが、子宮の筋肉が作られているときに、何かの原因で筋腫の芽が作られる可能性があるからです。

また、子宮というのは、妊娠、および、赤ちゃんを育てていくために、毎月訪れる月経周期に子宮を大きくするための下準備として、筋肉細胞を増やす仕組みになっています。

それが、妊娠をしない状態で毎月の月経周期を繰り返していると、筋肉細胞を増やして子宮を大きくするという下準備作業を、何度も途中で止めなければならなくなります。

この筋肉細胞が増えようとする月経の仕組みを、毎月中途半端にとめていく状態が続くと細胞に異常がおこるケースもでてきます。要は、毎月の月経が、筋腫の芽となる細胞を作ることになっている可能性もあるのです。

これらの考え方は、40代の女性の5人に1人が子宮に筋腫をもっていて、子宮筋腫は特に珍しい病気ではないことから考えられる原因の1つにすぎないところはあります。

なお、動物を使った実験では子宮内に筋腫を作ることは成功していません。このことから、すでにできあがった子宮にホルモンが作用しても、筋腫の芽はできないと考えられるのではないでしょうか。